SecHack365 : REPORT 2021-02

MENU

SecHack365 2021 / 2nd Event Week2021.10.19

SecHack365-2021 2nd event week

2021年6月19日(土)~7月3日(土)に第2回のイベントウィーク&イベントデイが開催されました。

イベントウィークでは、コース毎のコースワークとは別に、「zoomでトレーナーを囲む会」を実施しました。

何をしているのかというと、SecHack365のトレーナー陣が個別に様々なテーマを持ち寄って、トレーニーが興味のあるテーマを自ら選んで任意参加し、トレーナーを囲んで話を聞いたり突っ込んだ質問をしたりする場です。セキュリティの仕事やキャリアに関する事、博士号や大学教員ってどんなものかを聴けるなど、テーマは様々で全6回開催されました。 普段なかなか聴けない内容のものばかりで、各回にぎわっており、トレーニー達は興味津々に聞き入っていました。

6月25日(金)19:30 - 20:30今トレーナー「はじめてのマルウェア解析とインシデントの現場で気をつけること」

6月28日(月)20:30 - 22:00井上トレーナー「ハッカーの祭典BlackHatとDEFCONはどんなもの?」

6月29日(火)20:00 - 21:30神薗、服部、笠間トレーナー「セキュリティのお仕事」

7月1日(木)18:00 - 19:00花田トレーナー「楽しい人生: コミュニティとキャリアとイベントと。」

7月2日(金)18:00 - 19:30猪俣トレーナー「博士号と大学の先生の謎」

7月17日(土)19:00 - 21:00井上、竹迫、横山、仲山トレーナー「ネットワークを囲む会」

イベントデイ(6月19日・7月3日)

Day1(6月19日)プログラム

01オリエンテーション

02くぼたつ道場Ⅰ(アイデア発想法) くぼたつトレーナー

03倫理と法律(作ったモノのセキュリティとその法律)園田トレーナー・北條トレーナー

04お遊戯会オリエンテーション

05お遊戯会

06習慣化

Day2(7月3日)プログラム

01オリエンテーション

02ゲスト講演 市谷 聡啓(いちたに としひろ)氏

03お遊戯会

04トレーナー座談会 竹迫トレーナー・服部トレーナー

05くぼたつ道場Ⅱ(アイデア発想法) くぼたつトレーナー

6月26日と7月3日の2日間で開催されたイベントデイでは、今年度初めての作品作り進捗共有会として「お遊戯会」、アイデア発想を鍛える講義、倫理と法律の講義、座談会等が実施されました。

現時点での作品をちょっと共有「お遊戯会」

スタートから1ヶ月弱しかたっていない今回、「お遊戯会」としてすでにみんなにみせるものがあるというだけでも驚きです!
今回はDay1,Day2それぞれ発表希望者3名、合計6名による発表を実施しました。はじめての動画発表ということもあり、突然の接続トラブルにも負けずライブでの発表をやりきったトレーニーもいました。かっこいい!

今回の発表は、以下のトレーニーが参加しました。

6月19日(土) 田中さん(開発駆動コース)、赤松さん(開発駆動コース)、佐藤さん(開発駆動コース)
7月3日(土) 片岡さん(開発駆動コース)、平地さん(開発駆動コース)、納本さん(表現駆動コース)

6月19日の「お遊戯会」参加者たち。ちょっと緊張もありましたが。。。
7月3日の「お遊戯会」の様子。みんな初めてとは思えない発表でした。

そして、アシスタントからの飛び入りLTも!学習駆動コースアシスタントの灰原さん、思索駆動コースアシスタントの西尾さん、開発駆動コースアシスタントの古川さんの3名が参戦。先輩として発表は慣れていても動画発表となる少し緊張もあったようですが、さすがに余裕のあるLTで、トレーニーだけでなく全員楽しめました。

今回発表したトレーニー6人の完成作品詳細は、来年3月の成果発表会でご確認いただけますので、是非その時までお楽しみに!

トレーニーの感想※イベントウィーク&デイ後のアンケートから抜粋

  • 黒瀬海耀さん
    黒瀬海耀さん(学習駆動コース)
    「他のトレーニーが進捗を出していることを実感し、対抗心のようなものが湧き上がってきました。」
  • 藤原晴さん
    藤原晴さん(表現駆動コース)
    他の参加者が取り組んでいることをお披露目してくれたのはとても刺激になりました. 自分も発表してみようかなと思うような会だったと思います。
  • 赤松宏紀さん
    赤松宏紀さん(開発駆動コース)
    「発表ができたのでとても有意義でした。なにかフィードバックを貰えるような追加の仕掛けを用意しておけばよかったというのが反省です。」

特別講演:アジャイル型開発について

続いてトレーニーのよりよい作品作りに役立つプログラムとして、「アジャイル型開発について」、その開発技法をご紹介いただきました。

講義前の意識調査は以下の通りで、
「アジャイル開発について良く理解している」と答えたのは6.5%で、それ以外の方は、「イメージはわかる」「聞いたことはある」「全然わからない」と言った感じでしたが、興味関心についてきくと、「強く興味がある」「興味がある」と答えた方が80%を超えました。

興味はあったけど、詳しく聴ける機会がなかったと言う状況だったのでしょうか。だとすれば、今回はとても有意義な時間になったことと思います。

さて、この講義の講師は市谷聡啓さんに実施いただきました。市谷さんには昨年度も講演をいただき、大好評でした。昨年度は作品作りが進んだ段階でしたが、今年度は少し早い段階での講演になります。

何のためにプロダクト作りするのか、なぜアジャイル開発が必要になるのかについてお話をいただきました。

ご自身のキャリアのスタート時からの今に至るまでの話を交えながら、アジャイル開発が日本で取組みが始まった頃の話、アジャイル開発の流れとその特徴、メリット・デメリットについて、またアジャイル開発の技法だけでなく、他の開発技法との違いについて、更に開発に対する考え方や進め方についても具体的な例を示しつつお話くださいました。
トレーニーからはスプレッドシートを使って記入という方法で、市谷さんへの数多くの質問がありました。個別の質問ルームでもそれぞれ関心のある事を直接質問することができ、とても刺激になったのではないでしょうか。

SecHack365が始まったばかりのこのタイミングで開発技法の話を聞けたことで、今後の作品作りに少し変化が出てくるかもしれませんね。

トレーニーの感想※イベントウィーク&デイ後のアンケートから抜粋

  • 小松賢成さん
    小松賢成さん(表現駆動コース)
    「間違ったものを正しくつくるということがとても心に響きました。確かにこの通りに作業を進めたら、失敗というものを前向きに捉えられるし、完成したものが正しくあれば評価を得られると考えたからです。」
  • 鈴木雅さん
    鈴木雅人さん(学習駆動コース)
    「アジャイル開発とはどういうものかだけでなく、なぜアジャイル開発を使うことになるのかについて聞くことができて面白かった。」
  • 米倉 慧さん
    米倉 慧さん(学習駆動コース)
    「今まで名前だけは聞いたことのあった「アジャイル型開発」と言う言葉について、なんとなく概要をつかむことができ、今の時代はウォーターフォールよりも自由度の高いアジャイルの方が優れているのかなと感じました。自身もこのアジャイル型開発を少しでも意識して開発を進めてみようかなと考えました。」

倫理セッション:「倫理と法律_作ったもののセキュリティとその方法」

第1回イベントにつづき、セキュリティと法律について学ぶ時間を設けました。

講師は前回と同じく、園田トレーナーと北條トレーナーでした。

今回のテーマは、「ある日突然、脆弱性に出会ってしまったら」です。

日常生活で一般の方が「脆弱性に出会う」ということはあまりありませんが、セキュリティについて日々切磋琢磨しているSecHack365のトレーニーには一般の方よりは多いかもしれません。そこで、脆弱性情報に関すること、脆弱性を見つけてしまったら、どこまで追求(深掘り)していいのか、どのようにどこに届け出ればよいのか脆弱性に出会ってしまった際のお作法等について学びました。

このような話はなかなか学ぶ機会が無く、また本を読んで学ぼうとしても今ひとつわかりにくかったりします。しかし、実はとっても重要な内容です。「正義」で取った行動が、一歩間違えば不正アクセス禁止法等、法に触れてしまい、「悪」となってしまうこともあるからです。

今回も、難しいけど自分たちに密接に関わってくるセキュリティと法律の話を、楽しくわかりやすく伺え、これからより一層セキュリティについて深く学んでいくトレーニーたちにとって有意義な時間となりました。

トレーニーの感想※イベントウィーク&デイ後のアンケートから抜粋

  • 柚山大哉さん
    柚山大哉さん(学習駆動コース)
    「脆弱性をみつけたらどうすればいいのか、というのはエンジニアならだれもが一度は悩む問題だが、それについて深く様々な視点から解説していたから大変有意義であった。」
  • 古田尚樹さん
    古田尚樹さん(開発駆動コース)
    「セキュリティを軽視している人・企業をどう変えていくか、脆弱性を発見することと法律に反しないかどうかの境目について、非常に際どいながらも面白い話でした。」

トレーナー座談会:技術とセキュリティ、トレーナーの仕事より

今回お話をいただいたのは、竹迫トレーナーと服部トレーナーです。

かつてはプログラマーとして開発に従事されていた竹迫トレーナー。
ある日外部から脆弱性を指摘されセキュリティの重要性を実感しセキュリティの仕事に従事するようになられたとのこと。
尚現在は、本業がありながらもそれとは別に複数の企業でCTOの立場で携わっておられ、今回はCTOの仕事やその役割、事業や組織の成長過程についてお話をしてくださいました。

一方、福岡に拠点を置き、セキュリティを強みに会社を経営されている服部トレーナーですが、学生時代にセキュリティの勉強会やプログラムに参加をしたことをきっかけに、セキュリティに興味をもったそうです(学生時代はユビキタスコンピューティングの研究に従事されていました)。
もともと30歳を一つの区切りとして起業をしようと考えられていて、2017年に予定通り起業。「技術者が地方でも働ける環境作り」「学生がアルバイトしやすい環境提供」を目指し、企業から今日まで走り続けておられるそうです。
たった一人から始まった会社が今は20人を超える規模になり、今まさしく、会社の成長期にあたるとのことです。

ということで、経歴も現在の仕事も全く異なるお二人から、生きた教本として生々しくそして、時には俯瞰した話も交えてキャリアや経営、会社や事業の成長の話がうかがえました。

経営の話もあり働いた事がないトレーニーも多いことから、多少難しく感じる話もありましたが、これからの将来を考える上では有意義な内容がたくさん含まれていたことと思います。トレーニー達が追うべき一つの背中、お手本として是非参考にしていただきたいです。

トレーナー座談会、Q&Aの様子

トレーニーの感想※イベントウィーク&デイ後のアンケートから抜粋

  • 井上大誠さん
    井上大誠さん(学習駆動コース)
    「CTOや経営者の視点からテクノロジーを見ている方々のお話を聞けて良かった。」
  • 三浦大輝さん
    三浦大輝さん(学習駆動コース)
    「普段のコースワークでは技術に関する活動が多いが、今回の座談会は技術だけにとどまらず、プロダクトや事業にまで視野を広げるようなものでとても有意義だった。」
  • 矢川嵩さん
    矢川嵩さん(思索駆動コース)
    「研究者とエンジニアの差、ビジネスと研究の差といった話は、これからのキャリアを考えて行く中で意識しておいたほうが良い話だと感じました。また、現在就活中のためタイムリーな話題でした。」

習慣化

今回も佳山トレーナーによる習慣化の振り返りが行われました。

「1年間濃密化計画~成長の傾きを上向かせる習慣化~」と題して、前回の振り返りと、幾人かのトレーニーにの習慣化シート対してコメントをした後、アシスタント主体とした複数のグループに分かれ習慣化セッションが行われました。

セッションでは、自分のマンダラートを他のトレーニーに共有し、実施状況やなぜそれを習慣化したいと思ったのかなど、意見交換を行いました。マスがまだ埋まりきっていない人、全て埋め尽くしている人、進捗している習慣について色を変えてわかりやすくしている人などマンダラートの使い方や進捗も人それぞれですが、このセッションを通じて自身の振り返りになった、他の人のを参考にしたい、取り入れたいなど、たくさんの意見が伺えました。

トレーニーの感想※イベントウィーク&デイ後のアンケートから抜粋

  • 平山快さん
    平山快さん(開発駆動コース)
    「他の人がどれだけちゃんと習慣化に取り組んでいるのかを知ることができてよかった。自分は意識してマンダラートに取り組んでいなかったが、以前からやっているものについてはしっかり行えていることを習慣化セッションで確認することができた。」
  • 村井公哉さん
    村井公哉さん(学習駆動コース)
    「マンダラートをお互いに見せあって、みなさんがどのようにして習慣化しているかなど、いろいろと学びを得ることができました。」
  • 山城 映二さん
    山城 映二さん(表現駆動コース)
    「なかなかうまく埋まらず、第二回イベントが終わってから埋め方のコツが掴めた、という状態だったので、あまり前回から変えられていなかったな…という状態だったので、どうなのかな…という気持ちがあった。最近は少しずつ埋められるようになってきたが、まだ半分近く残っているので、他の方々のマンダラートをどんどん参考にしていこうと思った。」

今回のイベントウィークもたくさんの気づき、学びがあったウィークとなりました。

ここで得た気づきや学びは、トレーニーの作品だけでなく、キャリアにもつながることと思います。

次回、第3回のイベントウィークは、8月7日~8月28日です。次のイベントウィーク(デイ)では、小さな発表大会を行なう予定です。それまでの間、トレーニーは、自身で学び、作品を作り進め、作品のブラッシュアップに時間を費やすことでしょう。約1ヶ月半後のトレーニーと合うのがまた楽しみですね。

コースアシスタント感想

山本悠介
  • 山本 悠介さん
  • 2018年度修了生
  • 担当コース:表現駆動コース
第2回のイベントウィークではトレーナーを囲む会が行われました。囲む会は様々なテーマで、トレーナーから話を聞いたり質問したりできる楽しいイベントです。イベントデイ当日だけでなくこのようなイベントが行われるのがオンラインならではですね。

イベントデイではくぼたつ道場や法律と倫理、市谷さんによるゲスト講演と盛りだくさんの内容でした。そして、みなさんの作品について自慢したり意見を求めたりするためのお遊戯会が行われました。
完成度の高い動くデモを披露してくれるトレーニーもいて、今回は発表しなかったトレーニーも多くの刺激を得ることができたのではないでしょうか?
野本一輝
  • 野本 一輝さん
  • 2020年度修了生
  • 担当コース:研究駆動コース
第2回イベントデイ・イベントウィークでは、「倫理と法律」・「アイデア発想法」・「トレーナー座談会・囲む会」・「ゲスト講演」と多くのインプットがありました。今後の成果作りや開発に役立つ知見をたくさん吸収できたと思います。「トレーナーを囲む会」では様々な経験を持つトレーナーの話を聞くことができて、SecHackにおける成果作りだけでなく、今後の将来を考えたときにも大変有意義なお話を聞けました。ノウハウをインプットしただけに終わらせずに1つ1つ今後の活動に活かしていきたいですね。「お遊戯会」では、トレーニーが現在進行形で作っている成果物について発表してもらいました。たくさんの専門家がそろっているSecHack365を活用して、どんどん自身の成果や考えをアウトプットしてフィードバックをもらうことで最高の作品を作り上げてください。今後の作品作りが非常に楽しみです。
美馬隆志
  • 美馬 隆志さん
  • 2020年度修了生
  • 担当コース:研究駆動コース
第2回イベントデイお疲れ様でした。今回の趣旨はインプットだったため、新しい情報を取り入れられた方が大半だったのではないでしょうか。くぼたつ先生の発想法のハンズオンで紹介された+-x÷を意識して、イベントで得られたアジャイル的な考え方や他のトレーニー作品の良いところを抽出して自身の作品や開発に反映できると良いと思いました。次のイベントウィークまでまた時間が空くため、その期間を開発や再考の時間に使えると良いですね。引き続き頑張っていきましょう!

トレーナーからのメッセージ

今 佑輔
  • 今 佑輔
今トレーナーからの特別レポート
「今年もたくさん楽しい制作物が生まれそうな予感!途中経過をレポートします!」
1. 今年もオンラインイベント会がはじまる!
2. 表現駆動コースのコースワークをこっそりご紹介!
レポートの一覧へ
▲TOPに戻る