プログラム概要

SecHack365 は高度な技術力を持つセキュリティ研究者や開発者を育成することで、我が国のセキュリティ技術力、産業競争力を高めることを目的としています。
世界のサイバーセキュリティ市場における我が国のセキュリティ・ベンダーの存在感は、決して大きいものではなく、ブラックボックス化した海外製品を利用することが多いのが現状です。多様化・悪質化するサイバー攻撃に対抗し、私たちが自らの手で自らの社会の安全を守っていくため、単に既製品を「運用」するだけでなく、自ら新たな製品等を「開発」していくことができる人材を育成していく必要があります。
情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは、未来のサイバーセキュリティ研究者・起業家の創出に向けて、若手のICT人材を対象にセキュリティの技術開発を本格的に指導する新規プログラム「SecHack365」を平成29年度から開講しています。

主  催:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
実施期間:2017年5月〜 2018年3月 計7回のイベント(説明会含む)および通年の遠隔開発実習
場  所:情報通信研究機構(東京都小金井市)含む日本全国各地

SecHack365年間スケジュール