SecHack365 2019成果発表会【秋葉原 AkibaSquare:2020.03.06(fri)】 SecHack365 2019成果発表会【秋葉原 AkibaSquare:2020.03.06(fri)】
SecHack365 成果発表会 開催延期について

3月6日(金)に開催予定でしたSecHack365成果発表会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から開催を延期することを決定いたしました。開催時期につきましては改めて本Webサイトでご案内いたします。また、当日公開予定でした作品等につきましてはWebサイトで公開する予定です。
ご参加を予定されていた方には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

SecHack365 成果発表会とは

2019年度SecHack365に参加したトレーニー達が、約1年をかけて取り組んだプロジェクトや作品を発表いたします。またその中から特に優れた作品6点をプレゼンテーションを交えて紹介いたします。作品ごとにトレーニーが直接ご説明するポスターやデモの展示エリア、実際に体験できるワークショップエリアもご用意しています。

SecHack365 2019 成果発表会 開催概要
日  程 : 2020年3月6日(金) →開催延期となりました
時  間 : 13:00~17:00
参加対象 : どなたでもご参加いただけます(※事前登録が必要です)
参加費用 : 無料
場  所 : アキバ・スクエア(秋葉原駅電気街口徒歩2分)[LINK]
主  催 : 国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT) [LINK]
作品一覧
  • 秋山 陸
    セキュアで楽に書けて速いプログラミング言語nek-ot
  • 飯田 圭祐
    Programming Lauguage maxc
  • Courtney Eliot
    コンピュータ技術を作り直すmemepu(仮
  • Jantakorn Passawee
    Unpep - Better Golang Compiler
  • 小林 聖人
    Envar ~ プログラミング教育を支援するWebアプリケーション ~
  • 齋藤 徳秀
    Matchlock ~現状のDASTやDevOpsにおける課題とその解決に向けた思考と開発~
  • 橋本 優太
    IoTのための秘密計算プラットフォームの開発
  • 藤原 出帆
    暗号通貨サービスとQRコードを活用した署名システムの提案
  • 坂上 良朗
    Linux向けの機能豊富なRAT
  • 長野 陸
    デスクトップ型植物工場PLANTORY
  • 木下 和巳
    EEMU~セキュアなx86エミュレーター~
  • 菅原 大和
    Depth~実行プログラム基盤~
  • 都留 悠哉
    Hackableな組込みOSの開発
  • 吉田 直樹
    高校生が作るLINUXアプリケーションデバッガと付加学習
  • 小島 伊織/藤原出帆/都留悠哉/松林由佑/山元賢也
    Project Herro / コンピューターに感情を持たせるためにはどうすればいいのか半年かけて試行錯誤してみんなで作ってみた
  • 鈴木 豪
    KAMPPHER - ディスクI/Oのハードウェアモニタリングによる不正な書き込み防止機構
  • 灰原 渉
    Sereform: IoT機器としてのSoC FPGAを簡単かつセキュアにRemote ReconfigureするためのC/C++/Python 向けライブラリ
  • 麻生 航平
    「イルミパケット:通信パケットを可視化するLANケーブル」と「セキュリティ芸人」
  • 服部 聖珠
    セキュキャラ(仮) セキュリティ喚起スマホゲーム
  • 平川 晴常/髙石 勝彦/房安 良和
    不可聴音で実現するセキュアな通信プロトコル
  • 水野 慎太郎/森脇 大智/曽我 悠真
    クエッーション ~ 位置情報 x 質問 ~
  • 大橋 滉也/大森 貴通
    個人開発者向けWebサービス運用フレームワーク Trinity
  • 本田真久/大森貴通/水野慎太郎/吉川莉央/山元賢也/久米史也/大橋滉也/中井崚日
    ぼったくりガード
  • 岩島 彩
    わからないをわかるようにするための開発
  • 梅内 翼
    SecHuv - Security Hub for Human-vulnerabilities.
  • 喜多村 卓
    プログラミング学習のための支援環境の提供
  • 高名 典雅
    セキュアな入出力装置の開発
  • 竹本 七海
    IoT Monsters 産業用IoT機器(GW)の遠隔監視・管理システム
  • 長岡 里依
    人に寄り添う人工無能アプリ
  • 西尾 勇輝
    “post-truth”時代の情報収集支援システム
  • 林 和秀
    寛容に変換するWebブラウザ拡張機能
  • 中井 崚日
    視覚障碍者ための音声認証インタフェースデザイン
  • 中田 有哉
    ネットワーク間の協調によるDRDoS攻撃対策手法
  • 比嘉 隆貴
    ベータテストを用いた自動チューニングのアノマリ型WAFの研究
  • 二又 航介
    漸進的音声認識システムに対する実時間敵対的攻撃
  • 松林 由佑
    短文著者識別技術を用いた改竄文書の検知
  • 持田 捷宏
    Twitterとダークネットの相関に関する研究
SecHack365とは

我が国のサイバーセキュリティ産業は、世界のセキュリティソフトウェア市場における存在感が決して大きくないなど、欧米等海外に比べ遅れています。サイバー攻撃が多様化・悪質化する現在において、私たちが自らの手で自らの社会の安全を守っていくためには、既存のセキュリティソフトウェア等をユーザーとして「利用」するだけでなく、新たなソフトウェア等を自ら「研究・開発」していくことができる人材を育成していく必要があります。このような我が国におけるセキュリティイノベーター育成の必要性から、国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンターでは、未来のサイバーセキュリティ研究者・起業家の創出に向けて、若手の方を対象に、セキュリティ関連技術の研究・開発を一年間をかけて本格的に指導するプログラム SecHack365 を平成 29 年度から開講しています。

実施期間 : 5月〜 翌年3月 計7回の集合イベントおよび通年の遠隔開発実習
場  所 : 日本全国各地
主  催 : 国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT) [LINK]
参考リンク
このページをシェアする