SecHack365 次年度説明会2020 SecHack365 次年度説明会2020
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
事前登録はこちらから
SecHack365 次年度説明会とは

若手セキュリティイノベーター育成プログラム SecHack365は、25 歳以下の学生や社会人から公募選抜する 40 名程度の受講生を対象に、サイバーセキュリティに関するソフトウェア開発や研究、実験、発表を一年間継続してモノづくりをする機会を提供する長期ハッカソンです。全国の一流研究者・技術者や受講生等との交流をするなかで、自ら手を動かし、セキュリティに関わるモノづくりができる人材 (セキュリティイノベーター) を育てます。
SecHack365 次年度(2020年度)の説明会を各地にて行い、SecHack365の修了生達からの説明や、トレーナー達による講演、ワークショップなどを行います。セキュリティの未来を担う仲間達との365日間と、その先の未来があなたにどのような成長をもたらすのか。ぜひ事前登録・来場してお確かめください。

SecHack365 次年度説明会 開催概要
日 程: 【愛媛】2019年11月30日(土)
時 間: 13:45(受付13:30~)~16:00
会 場: 愛媛県松山市(※会場の詳細は登録後にご案内します)
対 象: 2020年度受講希望者(日本国内に居住する25歳以下の方 (2021年3月31日時点の年齢)、教育関係者、報道関係者
内 容: SecHack365概要説明
修了生によるSecHack365での過ごし方
相談会および見学会
SecHack365相談&ネットワーキング (トレーナーや修了生と直接質問が可能です)
※時間・内容は変更になる場合があります。
SecHack365とは

我が国のサイバーセキュリティ産業は、世界のセキュリティソフトウェア市場における存在感が決して大きくないなど、欧米等海外に比べ遅れています。サイバー攻撃が多様化・悪質化する現在において、私たちが自らの手で自らの社会の安全を守っていくためには、既存のセキュリティソフトウェア等をユーザーとして「利用」するだけでなく、新たなソフトウェア等を自ら「研究・開発」していくことができる人材を育成していく必要があります。このような我が国におけるセキュリティイノベーター育成の必要性から、国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンターでは、未来のサイバーセキュリティ研究者・起業家の創出に向けて、若手の方を対象に、セキュリティ関連技術の研究・開発を一年間をかけて本格的に指導するプログラム SecHack365 を平成 29 年度から開講しています。

主  催:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
実施期間:5月〜 翌年3月 計7回の集合イベントおよび通年の遠隔開発実習
場  所:日本全国各地

お申し込み
事前登録はこちらから
参考リンク
このページをシェアする