実施内容と参加メリット

SecHack365 では高等専門学校、大学等と連携しつつ、25歳以下の学生や若手社会人から公募を通じて40名程度を選抜し、1年をかけてセキュリティ技術の研究開発を指導することで、ハイレベルな人材を養成します。
年間プログラムの中では、ハッカソン、遠隔開発実習、コンテスト演習、座学講座、全国の一流研究者・技術者等との交流、先端企業の見学等のイベントを通じて、各参加者の志望に沿った能力開発を行います。
ハッカソン等の計 7 回の集合イベントと通年で実施される遠隔開発実習を中核とする年間プログラムでは、参加者は集合イベント以外の日も遠隔開発実習により自分のライフスタイルに合わせてスキルを伸ばすことができます。
参加者は、NICTが有する最先端の研究開発ノウハウや、大規模なサイバー攻撃観測網により収集した現実の攻撃データ等を活用して、社会的に未解決の課題にチャレンジする研究開発に取り組みます。

・ハッカソン/アイディアソン(イベント)
2か月に 1 回の頻度で計 5 回 (1 回あたり 1泊 2 日または 2 泊 3 日) で実施するイベントでは ICT 技術、セキュリティ分野で活躍する実施協議会委員のサポートのもと、仲間と一緒に最先端のセキュリティ関連技術の研究開発を体験します。

・遠隔開発実習
ハッカソン/アイディアソンのイベント以外の日は、遠隔開発実習に取り組んでいただきます。この実習では参加者は NICT が用意したセキュリティ向けクラウド型開発環境“NONSTOP”に自宅等から VPN 経由で環境に接続し、参加者同士でコミュニケーションをしながらハッカソン開発を継続することができます。

・コンテスト演習
2 月のイベントでは、それまでのハッカソンで得られた成果物と知見をフルに活用して互いのセキュリティ技術力を競い合うコンテスト演習を実施します。特定の技術領域に偏らず、参加者それぞれの能力を活かすことのできるコンテストを企画予定です。

・最先端の研究データの活用
ハッカソンや遠隔開発実習で用いる開発環境“NONSTOP”では、NICTの長年にわたるサイバーセキュリティ研究によって得られた膨大なセキュリティ関連データを活用することができます。”NONSTOP“内に整備された様々な開発・解析用ツール類と、他では触れることのできない貴重なデータを用いて研究開発に取り組むことができます。

・全国の一流の研究者・技術者等との交流
国内各地で開催するイベントでは、さまざまな業界で活躍するプロフェッショナルの方々をスペシャルゲストとしてお招きし、ハッカソンへの参加や講演をしていただきます。専門家ならではの貴重な知見や技術からユニークな発想力を得て、優れた技術の開発に取り組んでいただきます。

・先端企業の見学等の社会体験
国内各地で開催するイベントでは、その地域において先端的な取り組みを行っている企業の見学を予定しています。その地域ならではの体験を通じて発想力と感性を磨き、ハッカソンに活かします。

・修了時に修了証書の授与
NICTが発行する修了証書を授与します。